トランクルームの活用例⑤ 捨てたいけど捨てられない、思い出の品

156 views

トランクルーム活用術

今の時代は、何においても選択肢が豊富です。
食事をするにしても日本国内にいながらしていろいろな国の料理を楽しむことができますし、本や家具、雑貨などを購入するにしてもそれこそ選択肢は無限大です。

ただ、選択肢が豊富な時代の中でも思い出の品というのは何ものにも代えられない価値を持っています。
捨てたいけど捨てられないという思い出の品を持っている方も多いのではないでしょうか?
トランクルームはそんな思い出の品を保管するにも最適です。

思い出の品はそう使うものではない

中には「結局ものはもの」というドライな考え方の方もいるかもしれませんが、何かしらの思い出の品を持っているという方は多いものです。

手作りのもので世界にひとつしかないようなものもあるでしょうし、量産されているものではあるものの思い出がぎゅっと詰まっているというものもあるでしょう。場合によっては、価値のある骨董品ということもあるかもしれません。

ただ、どのようなものであったとしても、思い出の品というのはそうそう使うものではありません。
例えるのであれば、卒業アルバムに似ているかもしれません。

もちろん、卒業アルバムそのものが思い出の品という方もいるでしょうが、たまに眺めるからこそ懐かしく思えるのです。毎日使ったり眺めたりするものではないでしょう。

思い出の品だからこそ捨てるに捨てられないものの、そう使うものではないのです。そうであるのにも関わらず、住まいの収納スペースを占拠してしまっているのです。思い出の品が占拠している収納スペースをもどかしく感じたことのある方も多いはずです。

大切な思い出の品だからこそよりよい状態での保管が求められる


思い出の品というのは、やはり大切なものです。
大切なものだからこそ、よりよい状態での保管が求められます。もちろん、思い出の品というものである以上は、経年による劣化は避けられないでしょう。

しかしながら、劣化を防ぎ、その進行を遅らせることはできます。そこでポイントになってくるのが保管状態なのです。

自宅の押し入れの中で思い出の品を眠らせているという方もいるかもしれませんが、湿気でカビてしまうようなこともありますし、他のものに押しつぶされてしまうようなこともあるかもしれません。

しかしながら、トランクルームであればそういった心配もありません。最近のトランクルームは環境が整えられていますので、思い出の品をよりよい状態で保管することができるのです。

トランクルームであれば思い出の品をなくしてしまう心配もない


最近では自分のものを家族が勝手に捨ててしまった、
なくしてしまったといった話がインターネット上でもよく取り上げられています。

不本意な形で思い出の品をなくしてしまうとなると、やはり大きな心残りになります。思い入れがあればあるほど、後悔することになるでしょう。

しかしながら、最初からトランクルームに思い出の品を保管しておけば、思い出の品をなくしてしまう心配もなくなります。

もちろん、トランクルームはセキュリティー面にもかなりの力を入れていますので、家族が勝手に捨てたりなくしたりすることもありませんし、ましてやまったく関係のない誰かに盗まれるようなこともないのです。

トランクルームはある意味では、思い出の品の避難先とも言えるかもしれません。

こちらの記事もオススメ

あわせて読まれています