トランクルームの活用例③ シーズン衣類のクローゼットとして

192 views

トランクルーム活用術

日本には四季があります。もちろん、その四季も異常気象などであいまいになっている部分がありますが、どちらにしても衣替えというのは必要になってきます。

シーズン衣類というのはやはり確実に必要となってきますし、暑かったり寒かったりと極端な気候になっているからこそよりシーズン衣類も量が必要になってきます。

ただ、こういったシーズン衣類というのは収納における大きな問題のひとつでもあります。実際にシーズン衣類で悩まされているという方は多いでしょう。そんな方こそシーズン衣類のためにトランクルームを活用しましょう。

住まいのスペースを奪うシーズン衣類

住まいのスペースというのは限られています。
住まい選びの際に収納スペースの広さを重視するという方も多いでしょうが、そうそう予算内で満足いくだけの収納スペースを得られることはないでしょう。

だからこそ、その住まいの収納スペースに収まる範囲で荷物を調整することになるかと思います。ただ、その中でもシーズン衣類というのはかなりのスペースを占めることになるでしょう。

暑い時期の衣類であれば薄いからこそあまり邪魔にならないかと思いきや、替えが必要になりますので、その分、量が増えることになります。

かといって、寒い時期の衣類であれば数は少なくともひとつひとつのボリュームがかなり出てくるでしょう。最近では衣類を簡単に圧縮できるようなアイテムもありますが、そういったものを使ったとしても住まいの収納スペースでは間に合わないこともあります。

設置されている収納スペースでは足りないからと、収納スペースを新しく作り出そうとするとその分、住まいが狭く感じられます。衣類であれば見せる収納というのもひとつではありますが、これにも限界があります。

シーズン衣類で必要なものが取り出せないことも

住まいの収納スペースをうまく分割して、右には夏物、左には冬物という感じで使い分けをしている方もいるかもしれません。
ただ、それをずっとキープできるかというと微妙なところです。

夏物のスペースが足りなくなったら冬物のスペースを侵食するようになるでしょうし、逆に冬物のスペースが足りなくなったら夏物のスペースを侵食するようになるでしょう。

こういった中で、必要なものが取り出せなくなることもあります。夏物が冬物に埋もれてしまったりすることもあるでしょうし、冬物が夏物に埋もれてしまったりすることもあるのです。

もちろん、シーズン衣類によって衣類以外のものが取り出せなくなることもあるのです。必要なものを必要なときにすぐに取り出すことができないというのは、かなりのストレスになってきます。

トランクルームなら衣替えも簡単に


シーズン衣類は住まいのスペースを奪ってしまうだけではなく、必要なものを必要なときに取り出せないというストレスを生み出します。
しかしながら、これは住まいの中だけでどうにかしようとするからこそ発生してくる問題でもあります。

トランクルームをシーズン衣類のクローゼットとして活用すれば、住まいのスペースも奪われることもありませんし、必要なときに必要なものをストレスなく取り出すことができるようになります。

それに、トランクルームを活用することによってシーズン衣類の衣替えも簡単になります。住まいには常に必要なシーズン衣類のみを置くということができますので、より快適になるでしょう。

こちらの記事もオススメ

あわせて読まれています