カラーボックスを収納として活用する場合に注意点

182 views

収納名人

お手頃価格で便利に利用できるアイテムの一つに「カラーボックス」があります。シンプルなデザインであることから、どのような部屋にもなじみ、引っ越しや模様替えなどで部屋のテイストが変わったとしても、部屋の雰囲気を壊すことなく長期的に使うことができるアイテムです。

また収納構造がシンプルで、デッドスペースを生むこともなく、収納効率も高いのも特徴です。
目的に合わせて縦にも横にも置くことができ、どこにでも置くことができます。

買い足したり組み合わせることによって用途もぐんぐん広がるでしょう。
サイズやカラーの種類が豊富なのもうれしい特徴です。
段数や大きさ、カラーリングが豊富で、内側部分だけ色が異なっているものもあります。

・売ってある場所はどこか?

キャビネットやカラーボックスは、家具などを販売している店舗では必ずと言っていいほど取り扱いがあります。少し大きめのスーパー等でも見かけたりしますね。

料金は大きさによって上下しますが、小さなものだと2000円程度で購入でき、非常にお手頃です。また、インターネット通販サイトなどでも購入が可能で、在庫の有無などもホームページを見ればすぐに確認できますし、提携している運送会社が直接自宅まで届けてくれるので便利です。

実店舗の場合だと気に入ったものがなければ違うところに移動するなどの煩わしさがあったり、展示品はあっても在庫がなく届くのが1-2週間後というのはよくありますので、実際に見て確かめたい場合は実店舗で、そうでない場合はインターネット通販を利用すると良いでしょう。

・カラーボックスは、蓋をして見え方UP

カラーボックスは簡単にものを入れることができ、小物や本などにはもってこいです。
しかし、綺麗に収納できていても、なるべくであれば内容物が来客などの目につかないほうが良いですよね。

そんなときにオススメなのが、100均などに売ってあるアイテムと組み合わせて隠すことです。
例えば、バーベキュー網の内側におしゃれな布を取り付け、ボックスの上部にコードフックを設置し網を引っかけるだけで、簡単に中のものを見えなくすることができます。
これはどんな人でも簡単に行うことができるので、是非試してみてください。

・キャビネットは100円均一のカゴで中身を判別

キャビネットはおしゃれな家具で扉などもついているので工夫する点などないように感じますが、中にものを入れると何が入っているかわからなくなることがありませんか。

そのような時に併用して使うと良いものが、100均に売ってあるカゴです。
自宅のものに入るようなカゴをいくつか購入し、それを中にセットしておくと綺麗に収納することができます。

また、側面部分に何が入っているかのシールなどを貼っておけば、カゴを引き出さなくても内容物が一目瞭然なので便利です。

・事前準備で、ピッタリとはまるものを

このようなカラーボックスやキャビネットを収納として活用したい場合には、事前にサイズをチェックしておくことが非常に重要になってきます。

書類や本などを入れたいけれども、しっかりとサイズを測ることなく、たぶん入るだろうという判断で購入した場合には、予想以上にはみ出てしまったり、縦のサイズが合わず収納できなかったりと、デッドスペースが生まれる可能性も高まります。

また、カラーボックスのサイズは統一的な規格がなされているわけではなく、販売元のメーカーによって異なるので、後から買い足すようなことがある場合には、できるかぎり同じメーカーのものを選んだり、同じサイズ感のものを選ぶ方法を取ると良いでしょう。

こちらの記事もオススメ

あわせて読まれています